家庭用脱毛器を使った脱毛法


最近は脱毛サロンで使う脱毛器と同じ原理の小型脱毛器がご家庭でも購入できるようになってきました。種類もレーザー脱毛器から、IPL脱毛器などいくつかのタイプが発売されています。

美容に関する情報が簡単にネットで得られるようになってきた現在、カミソリ脱毛や毛抜き脱毛、脱毛テープなどでムダ毛の処理をされる方はどんどん少なくなって来ているようです。

ただ、家庭用脱毛器も性能が上がって来て良いのですが、使い方を誤ると肌にトラブルを招く恐れがありますので取り扱いには注意が必要です。

それでは、家庭用脱毛器を使用した脱毛法の特徴と注意点です。

①家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器は大きく分けて以下の3種類があります。

・レーザー脱毛器
・1ショット型IPL脱毛器
・複数ショット型IPL脱毛器

それぞれの違いを簡単に説明すると

・レーザー脱毛器:レーザーを使うため処理が早く効果が高い脱毛器ですが、その分痛みを伴う脱毛器

・1ショット型IPL脱毛器:IPL脱毛=光脱毛を使う方法で、少し痛みを伴うが1ショットで処理を行える脱毛器

・複数ショット型IPL脱毛器:IPL脱毛=光脱毛を使う方法で、一回あたりの痛みを抑えるため複数回に分けて光を照射するようにした脱毛器

となります。

②家庭用脱毛器の効果は?

それでは、上記の3種類で一番効果が高いのはどの機種でしょうか?

やはり、効果だけで選ぶならレーザー脱毛器が一番です。ただし痛みが強いことだけは覚悟してくださいね。

レーザー脱毛器を使うのに躊躇される方は、痛みがレーザーほどでないIPL脱毛器が良いと思います。1ショット型か複数ショット型かでは好みが分かれると思いますが、肌への負担が少ないことを望まれるのであれば、複数ショット型をお勧めします。

③家庭用脱毛器の注意点

まず、刺激が強いほうが脱毛の効果が高いと思い込んで使うと肌に負担をかけ過ぎる恐れがあります。充分に使い方を熟知していないと肌に炎症や色素沈着などを招く恐れがあります。

また、毛の流れに逆らって脱毛するような方法を明記している機種も多く、使い方によっては毛穴にダメージを与えてしまうリスクがあります。

家庭用脱毛器を使う場合は、取扱説明書を熟読し自分の肌に合った使い方をするように心がけてください。できれば買ったお店でフォローしてもらうとか、その機種に詳しい人のケアが得られる状態がベストです。

 

お勧めの家庭用脱毛器
↓↓↓
LAVIE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です