脱毛ワックスを使ったセルフ脱毛について


脱毛ワックスを検討されている方への注意点です。

脱毛ワックスを使った方法は、原理上痛みがかなり強いやり方なので肌の弱い方にはお勧めしません。ただ使い方によっては短時間で脱毛が可能なのと、次に毛が生えて来るまで時間が稼げる方法なので、カミソリや脱毛クリームを使った方法より長持ちさせることが可能です。

それでは、脱毛ワックスを使用した脱毛法の特徴と注意点です。

①脱毛ワックスによる方法は痛いです。

この脱毛法は、ワックス剤を直接皮膚に塗ります。そしてワックスが冷えて固まったところで毛と一緒に引き剥がしてしまう方法です。

メリットとしては、脱毛クリームと同じように短時間で広範囲の部位を脱毛できるということと、脱毛後2週間位は次の毛が生えてはこないことでしょう。お出かけ前に急に脱毛する必要が生じた時は一番手っ取り早い方法になります。とはいっても脱毛ワックスを引き剥がす時の痛みが強く、痛みに敏感な人にはお勧めできる方法ではありません。

②脱毛ワックスによる方法は肌を痛めてしまう可能性があります。

この方法は、ワックス剤を剥がすときに皮膚の表面も同時に剥がしてしまう危険があります。皮膚への刺激だけではなく、皮膚そのものに何らかのトラブルを招いてしまう可能性があるため、定期的に繰り返すのは避ける方が良いです。

③脱毛ワックスを使う前の準備

脱毛ワックスを使う前は肌を清潔にしておいてください。入浴後の清潔で毛穴の開いている状態で行うのがベストです。それができない場合には蒸しタオルなどで一度毛穴を開いておくとよいでしょう。皮膚と毛を柔らかくしておけばワックスに毛がつきやすくなり脱毛しやくなります。

④脱毛ワックス法を安全に行うためには。

肌が弱い方が脱毛ワックスを使う場合は、直接肌に塗るのではなく、目の粗いガーゼなどを皮膚上にあて、その上から塗るようにすれば肌へのダメージを和らげることができます。

また、脱毛ワックスを剥がした後の皮膚は、刺激で赤くなる場合があります。それを避けるために、同じ箇所には何回も続けてワックスを塗らないようにしましょう。肌に過度の負担がかかり肌が荒れる原因になります。

 

お勧めの脱毛ワックス
↓↓↓
日本初上陸!ウワサの脱毛ワックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です