ヒートカッターを使ったセルフ脱毛について


家庭用の脱毛器としてヒートカッターが人気となっています。ヒートカッターは熱線を利用してムダ毛を短く処理するもので、毛の根本から処理できるものではありません。最近ではそのお手軽さから水着を着る前にちょっとだけアンダーヘアーを処理したいと言った用途にはとても便利なグッズとなっています。

ただ、熱を使うためにその取扱には注意が必要です。それではヒートカッターの特徴と注意点です。

①ヒートカッターを使った脱毛法

以前はカミソリやハサミを使って処理していたアンダーヘアーなどのムダ毛が、熱線を利用したヒートカッターで簡単に処理できるようになりました。ヒートカッターは先端がコーム状になっていて、その内側に熱線が通った形になったものが一般的です。その熱線によって少しずつムダ毛を焼き切っていきます。

毛を熱線で焼き切るため、その切り口は肉眼で見ても丸くなっているのがよく分かります。ハサミで切ると先端が尖ってしまい水着や下着を突き抜けることがありますが、ヒートカッターで処理すれば突き抜けはかなり少なくなります。

ヒートカッターを使ったビキニラインの処理方法は、(1)処理範囲の確認、(2)少しずつ毛をまとめながらカット、(3)仕上がりの確認、の順で行います。最後に水着を試着して綺麗に仕上がっているか確認しましょう。

②ヒートカッターを使う上での注意点

ヒートカッターは原理上熱線を使うので、肌に直接当たるとやけどをする可能性があります。もちろん保護用のカバーは付いていますが気をつけるに越したことはありません。また毛を熱線で処理しますので、どうしても焦げた匂いがします。必要に応じて換気をするなどしてください。

③ヒートカッターのデメリット

多くのヒートカッターはいっぺんに処理できる毛は10~20本程度です。そのためアンダーヘアーの全体を処理するには結構時間がかかってしまいます。毎日処理するとなるとかなり面倒かも知れません。最近は一度に広範囲を処理できる機種も販売されているので、早く処理をしたい人は機種選びをしっかりと行ってください。