毛抜きを使ったセルフ脱毛について


毛抜を使った方法もカミソリ脱毛に次いで一般的です。

ただ、ご想像の通り痛みは当然あります。でもカミソリに比べてすぐ生えて来ることがないといった利点もあります。場所によって使い分けるのも良いかもしれませんね。

それでは、毛抜き脱毛の特徴と注意点です。

①上手く行えばキレイに脱毛出来ます。

毛抜を使った脱毛法は、皮膚の中に埋まっている部分まで抜いてしまうので、カミソリを使う場合に比べてキレイに処理できます。仕上がりもすっきりしますし、処理の回数も少なくて済みます。

とは言っても、原理的に一本ずつ抜いていく方法ですので根気がいりますし、とっても面倒です。途中で飽きてしまうこともしばしばです。

また、両脇の処理は鏡を見ながら行うことになりますのでやりにくいです。家族や知り合いに頼むのも気がひけるので、すべて自分で処理する事になります。

②場所によってはとても痛いです。

毛抜き脱毛は、どこを処理しても痛みが伴います。特に、手足やビキニライン脱毛はかなり痛みを感じます。

一度試してみて我慢できるようであれば続けて見ては如何でしょうか。でも、やっぱり痛いですよ。

③毛を途中で切ってしまい埋没毛になるリスクがあります。

毛抜で引っ張った時に、たまに途中で切れてしますことがあります。もう一度先をつまんで抜くことができれば良いのですが、

多くは皮膚の中に残ってしまいます。切れた毛がまた伸びてくれば良いのですが、途中で引っかかって埋没毛になる事があります。特に出血してカサブタが出来た場合は確率が高まります。

皮膚の中で伸びてしまった埋没毛は素人では処理が難しいので専門家に任せる事になります。やはり、毛抜でキレイに仕上げる事ができるようになる迄にはかなり訓練が必要だと思います。

④タオルで温めてから行いましょう

なんの準備もなくいきなり毛抜で抜き始める人もいますがお勧め出来ません。だいいちとても痛いです。抜く前には温めたタオルを肌に当てて、毛穴を広げてから行うようにしましょう。毛穴が広がれば抜きやすくなりますし、痛みも少なくなります。

また、お風呂に毛抜を持ち込んで湯船で毛を抜く人もいますが、これは絶対にいけません。お風呂の中には雑菌が多くいますので、細菌感染しやすいです。しっかりと準備してから行いましょう。